iFreeNEXT NASDAQ100インデックスって投資対象としてどうなの?の回

もっさん
はい!どうもこんにちは。
5月も引き続きもっさんです。
本日のお題はこちら!

iFreeNEXTNASDAQ100インデックスって投資対象としてどうなの?です!

ファンドの目的

iFreeNEXTNASDAQ100とは、米国の株式に投資し、NASDAQ100指数(円ベース)の動きに連動した投資成果をめざします。

NASDAQ100指数について

NASDAQ100指数とは、米国のナスダック市場に上場している時価総額の大きい非金融業100社の株式で構成される株価指数であり(対象銘柄には、米国以外の企業の株式も含みます。)指数の計算方法は、調整済時価総額加重平均方式で、定期的な採用銘柄の入れ替えは毎年12月に行なわれますが、それ以外に、臨時に入替えが行なわれることもあります。
NASDAQ100指数は、1985年1月31日以降継続して算出され、現在の指数値は算出開始時の値を125として計算されています。なお、NASDAQ100指数は、ナスダック市場の全銘柄で構成されるNASDAQ総合指数(NASDAQ Composite Index)とは異なる指数です。

 

ファンドの仕組み

iFreeNEXTNASDAQ100はファミリーファンド方式で運用され、マザーファンドで運用を行う仕組みです。

分配方針

毎年8月30日(休業日の場合は、翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づいて収益の分配を行うとのことです。

買付手数料・信託報酬

買付手数料 なし
ファンド管理費用(含む信託報酬) 0.486%
実質コスト 0.554%

運用成績

期間 ファンドパフォーマンス ベンチマーク
1ヵ月 -7.1% -7.0%
3ヵ月 -10.7% -10.7%
6か月 +3.6% +3.6%
設定来 +1.6% +1.2%

まとめ

iFreeNEXTNASDAQ100インデックスファンドはファンドの特徴から、相場の上昇時にはS&P500やNYダウよりも力強い上昇をする反面、相場の暴落時にはその他の株価指数よりも、下落率が高く、メインの積立ファンドとしては、若干リスクが高い傾向にあります。

今現時点で、相場がどちらへ動くか気迷い相場であり、今後世界的な不況が始まるようであれば、もう少し待ってから、メインとは別に、スパイス的な位置で投資しても投資妙味があるかもしれません。

大仏くん
らーめんに入れる胡椒のように、、、
ちょんまげ
うどんに入れる七味のように、、、
負け犬
白飯にのせる梅干しのように、、、
もっさん
ぜんぶ食いもんにたとえっちゃてるけどな!
ぜんぜんうまくねーけどな!
最新情報をチェックしよう!