eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は投資対象としてどうなの?

もっさん
はい!こんにちはー!
今日は私も積立で運用しているこちら!
さっそくいってみよう!

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の特徴について

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、業界最低水準の信託報酬を目指しており、つい最近販売が開始された、SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドに対抗して信託報酬を引き下げた経緯があります。

米国の代表的な株価指数S&P500に連動した成果を目標にしており、まとめてみました。

投資対象

eMAXIS Slim米国株式は、米国の代表的な株価指数S&P500の値動きに連動する投資成果を目指すインデックスファンドで、運用を行っています。

ファンドの仕組み


運用方法はファミリーファンド方式で行われ、実質的な運用はS&P500インデックスマザーファンドへ投資という事になります。

下記はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の3月31日時点の「月次レポート」からの引用です。

買付手数料・信託報酬

買付手数料 なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬) 0.0968%

運用成績・利回り

コロナウィルスの影響下という事もあり、相当悪化しています。

基準価額と純資産

ファンド設定以来の暴落相場となっており、2019年はじめのフラッシュクラッシュ時まで基準価額は落ち込みました。ここから更に下落するような事があれば、淡々と積立を増やす予定ですが、今の世界情勢からすると底がわからない状態です。

コロナ終息後に再び右肩上がりになるのかどうかも見極めが必要となってくると思いますが、投資は自己責任ですので、今後も引き続き積立を継続します。

最新情報をチェックしよう!