【米国ETF・QQQ】パワーシェアーズのQQQって投資対象としてどうなの?の回

もっさん
はい!こんにちは。
本日は、米国ETF「QQQ」
通称トリプルキューについて!いってみよー!
アフロ特盛
おめえの頭みてえな名前だな!
もっさん
はい。ということで、本日も違う面倒臭い
奴がきておりますが、、、
さっそくいってみましょう。

【米国ETF】パワーシェアーズのQQQって投資対象としてどうなんだろう?

パワーシェアーズQQQとは、米国の株式に投資し、NASDAQ100指数(円ベース)の動きに連動した投資成果をめざします。

●NASDAQ100指数について

NASDAQ100指数とは、米国のナスダック市場に上場している時価総額の大きい非金融業100社の株式で構成される株価指数であり(対象銘柄には、米国以外の企業の株式も含みます。)指数の計算方法は、調整済時価総額加重平均方式で、定期的な採用銘柄の入れ替えは毎年12月に行なわれますが、それ以外に、臨時に入替えが行なわれることもあります。
NASDAQ100指数は、1985年1月31日以降継続して算出され、現在の指数値は算出開始時の値を125として計算されています。なお、NASDAQ100指数は、ナスダック市場の全銘柄で構成されるNASDAQ総合指数(NASDAQ Composite Index)とは異なる指数です。

ファンドの特徴

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1<PowerShares QQQ Trust, Series 1>はパワーシェアーズ・キューキューキュー指数連動株式と呼ばれる証券を発行するユニット型投資信託です。NASDAQ100指数の構成証券の全てを保有します。

買付手数料・信託報酬

買付手数料 証券会社により
ファンド管理費用(含む信託報酬) 0.20%

運用成績

期間 ファンドパフォーマンス ベンチマーク
1年 +7.03% -0.38%
3年 +16.73% +9.21%
5年 +15.36% +9.46%
10年 +16.17% +12.37%
設定来 +7.35% +5.68%
もっさん
パフォーマンス半端ないって!

組入れ上位銘柄

S&P500とNASDAQ100のチャート比較

※上記のチャートは1995年から2020年までの比較チャートです。

QQQとVOOの比較チャート

※上記のチャートは2015年から2020年4月までの比較チャートです。

まとめ

iFreeNEXTNASDAQ100インデック同様、上下動が激しく、リターンが期待出来る反面、リスクも大きく、メインの銘柄としては、ギャンブル要素が高くなることを踏まえると、購入を考えている方は、サブでの購入にして、メインとバランスを整える必要があるかもしれません。

 

最新情報をチェックしよう!