【純金積立】【金投資】【金ETF】は投資対象としてどうなの?の回

  • 2020年5月24日
  • 2020年7月3日
  • 金投資
  • 43view

純金積立や金ETFは投資対象として10年間運用結果と感想

もっさん
はい。本日もご訪問ありがとうございます。
今日はですね。金への投資ってどうなんでしょうか?って事で、私の運用結果といっしょに見ていきたいと思います。
まずは私のこの約10年間(厳密には12月で10年ですが)の運用結果から見ていきたいと思います。

運用開始がちょうど10年前の2010年から開始し、毎月積立で金に3,000円、プラチナに3,000円を運用してみた結果です。
年間72,000円ほど10年積立で720,000円。
はい。この時点でご察し頂いたあなた。正解です。
結果、増えてません。逆に約52,000円ほど減ってしまった結果です。
金はここ数年値上がり傾向にありますが、プラチナが足を引っ張った形ですね。
金360,000円積立→427,000円ですので、+67,000円となり、18.61%のリターンではありますが、年率1.86%のリターンです。
対して
プラチナ360,000円積立→評価額239,000円ですので、-121,000円となり、33.61%マイナスリターン、年率-3.36%と金のリターンを下回る結果でした。
「有事の金」とよく言われますが、もう少し様子を見て、売却に踏み切る予定です。

金投資についてのまとめ

不景気に強い金として、約10年ほどポートフォリオに組み入れていましたが、これであれば、金ETFや金へ投資する投資信託などの方が、効率は良かったのかもしれません。

まだ売却はしませんが、売却後は他の投資元本として使用します。

最新情報をチェックしよう!